5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

百人一首  田子の浦

ゲーム

百人一首  田子の浦
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

田子の浦に うち出(い)でてみれば 白妙(しろたへ)の
    富士の高嶺(たかね)に雪は降りつつ

          山部赤人(4番) 『新古今集』冬・675

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 
■□■ 現代語訳 ■□■
  
  田子の浦に出かけて、遙かにふり仰いで見ると、
白い布をかぶったように真っ白い富士の高い嶺が見え、
そこに雪が降り積もっている。
 
■□■ ことば ■□■

 【田子(たご)の浦に】

 田子の浦は、駿河国(現在の静岡県)の海岸です。ただし、現在
 の田子の浦と同じ場所かは不明です。「に」は作者の立っている
 場所を示す格助詞です。

 【うち出(い)でてみれば】

 「うち」は動詞の前につく接頭語で、言葉の調子を整えるために
 付けます。「みれ」は動詞「見る」の已然形で、接続助詞「ば」
 は已然形から続くと確定条件を表します。

 「出でてみる」は「出る+見る」という2つの動作を表したもの
 で「浦に出て眺めてみると」という意味になります。

 【白妙(しろたへ)の】
 「白妙」はコウゾ類の木の皮の繊維で織った純白の布のことです。
 富士に掛かる枕詞になっています。

 【富士の高嶺に】
 「富士山の高い嶺(みね)」のことです。

 【雪は降りつつ】
 「つつ」は反復・継続の接続助詞で、時間の継続の意味がこめら
 れており、雪が連綿と降り続いていることを表します。ただ、雪
 が富士に降り続いていることは田子の浦からは見えませんので、
 作者の想像でしょう。

■□■ 作者 ■□■

  山部赤人(やまべのあかひと。生没年未詳、7~8世紀頃)
  奈良時代初期の宮廷歌人で、万葉集第3期の代表的歌人です。

 生没年は分かりませんが、天平8(736)年頃
没したとも言われています。
身分の低い下級役人だったようで、
天皇の行幸などに同行して歌を捧げたり、
皇室で不幸があれば挽歌を詠むなどの
仕事が多かったようです。

  紀貫之は古今集の序で山部赤人を
柿本人麻呂と並ぶ「歌聖」として讃えています。

出典 http://www.ogurasansou.co.jp

<sawayakanetの独自解釈>

 澄み切った空気がピシリッと
音を立てそうなくらい寒い冬の日、 
田子の浦へ出てみた。
 海岸べりから富士山を眺めてみよう。

 はるかに望む富士の雄大な霊峰が、
 まるで1枚の純白のヴェールをまとった様にみえる。
 そこは しんしんと雪が降り続いているのだろうか。

 想像しただけで鳥肌が立つような、
 美しく真っ白な霊峰富士が、青い海辺にも浮かびます。
 頂きには音もなく降り積もる雪。
 広大で超然とした、幻想的な絵のようです。

             ◆◇◆

 実はこの歌は、最初に収録された「万葉集」では

 「田子の浦ゆ うち出でてみれば 真白にそ 
   富士の高嶺に 雪は降りける」

 となっています。

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

カテゴリー

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!